j.f.t/ 9月 3, 2019/ FX/ 0 comments

個人的にですが、おすすめの海外FX業者(ブローカー)をご案内します。

GEMFOREX

GEMとは、そのままを辞書で調べると「宝石」(ジェム)と訳されます。

GemforexのGEMは、Global-Expansion-Methodの略で直訳すると

「世の中に広がる方式」となり、「世の中に広がるトレードの方式」を提供する会社となります。

Gemforexは、世界最大級の投資のポータルサイトを目指す企業です。

GEMFOREX概要

会社名:GEM GROUP NZ LIMITED

ニュージーランド金融ライセンス番号:FSP564306

[Head Office]

Level 1,275 Onehunga Mall,Onehunga,Auckland

[Hong Kong Main Office]

Unit 901 Level 9 The Hong Kong Club Building,3A Chater Road Central,Hong Kong

Tel: +852 3125 7635

受付時間: 平日10:00~17:00 (土日祝休み)

GEMFOREXとは

海外ブローカーとして認識されていますが

メイドイン日本の色が濃い会社です。

 

GEMFOREXの運営会社は、ニュージーランドにあるGEM GROUP NZ LIMITEDです。

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得し、

英語圏、日本、中国、香港、台湾、韓国を中心にサービス展開をしています。

 

当初は、GemTradeとして日本人により2010年に設立され、

FX自動売買ソフト(EA)の無料提供サービス(ゲムトレード)からスタート

その後、ミラートレードサービス(ゲムdeミラートレード)を開始

その2つのサービスを運営する上で、常にトレーダーと各種FX会社との懸け橋となっていました。

 

そんな中、理想のFX会社を立ち上げるべくGEM GROUP NZ LIMITEDとしてGEMFOREXがリリースされました。

現在も経営陣4名中3人が日本人であり、スタッフの半数は日本人です。

GEMFOREXは経営、システム、サービス、サポートの全てが日本製のFX会社となります。

 

そんな日本人運営による細やかなサービスが認められ、入出金の早さ、サポート力、サービスの充実度が圧倒的に勝って2016年にはベストアジアブローカー賞を受賞しました。

 

GEMFOREXをおすすめする理由

国内の良いところと、海外の良いところを融合させたというところが

おすすめしたい理由です。

  • ライセンスの有無
  • 出金トラブルの有無
  • 日本語対応力
  • 信託保全の状態
  • レバレッジ1000
  • 追従なしのゼロカットあり
  • 豊富なボーナス
  • 無料でEA使い放題
  • 無料でミラートレードし放題
  • アフィリエイト制度あり

無料のEA,ミラートレードは初心者の間は関係ないかもしれませんが使い放題は魅力的です。

手数料も一切かからない点もいいところです。

   

せっかくキャンペーンで2万円分の資金をもらっても、トレードのやり方が分からなければもったいないです。

口座開設の紹介で、開設者が今後稼ぐことが出来ればアフィリエイトの恩恵を受けることが出来るわけですが

 

口座開設ボーナス・キャンペーンで紹介するだけではアフィリエイトとして成功していません。

いかに稼いでもらえるかが大切であり、お互いにWINWINな関係を築き上げることができる環境で紹介を受けることが重要です。

 

私でよろしければ、下記URLからご紹介できます。

口座の開設が出来ましたら、問い合わせから教えていただけましたらフォローさせていただきます。下のピンク色のボタンをクリックしてください。

キャンペーン時に口座開設がおすすめ!

キャンペーン期間をご確認下さい。

入金不要、利益分出金可能

新規口座開設で20000円GET!(2019/08/10~2019/08/27)

↓ キャンペーンURL

https://gforex.asia/vip/78619/camp

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*