j.f.t/ 9月 3, 2019/ FX

ここっ数年爆発的に増えているFX人口ですが、これから始めようとされている方に分かりやすく基礎知識をまとめています。

「FX」とは

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、日本語では外国為替証拠金取引と言います。 「外国為替証拠金取引」は、「外国為替」と「証拠金取引」に分けて考えることができます

「外国為替」とは

「外国為替」とは、通貨と通貨の交換のことを言います。 日本人がアメリカに行く際に、日本円を持って行ってもアメリカで使えないからドルに交換するイメージです。

「証拠金取引」とは

1ドル100円の時に1万円をドルに代えると100ドルですが、1万円を担保に1000ドル、1万ドルの交換を行うイメージです。
ところで、通貨と通貨を交換すると、どうして利益・損失がでるのでしょうか?

例えば

  • 日本人がアメリカ旅行に行く際に、1ドル100円の時に、10万円を1000ドルに交換しました。
  • アメリカ旅行中はクレジットカードを使用したので、1000ドルは使わずに日本に持って帰りました
  • ドルのまま持っていても日本では使用できないので1000ドルを日本円に交換することにしました。

その時、為替レートが1ドルいくらになっているかで、損か得かが決まります。

為替が1ドル90円になっていたため1000ドルが9万円になりました。

→9万円―10万円=1万円の損失

為替が1ドル110円になっていたため1000ドルが11万円になりました。

→11万円―10万円=1万円の利益

こういう取引を、FX業者で口座を開設して取引することをFXトレードと言います。

「FXの特徴」

FXの特徴として、市場規模の大きさと取引時間の長さをあげることができます。

2018年の株式市場の年間取引額は東証市場第1部では740兆円ですが、世界の

FX(為替)市場の取引額は 2016年で1日平均、約500兆円です。

ざっと計算すると500兆×260日(年間平日日数)=年間130000兆円=13京

えっ、

すごいですねFX


またニュースでよく見る東京証券取引所の取引時間は、平日9:00時~15:00ですが、

平日9:00時〜11:30(前場)

12:00時〜15:00(後場)の時間帯で取り引きします。

FX(為替)市場は、月曜日の6:00時~土曜日の5:59時まで日本の深夜を含め24時間取引可能です。

24時間あいている FX(為替) 市場ですが、大きく分けると、


「東京時間(8時~18時)」、「ロンドン時間(16時~27時、深夜3時)」、「ニューヨーク時間(21時~31時、翌朝7時)」に分けることができます。

このロンドン時間とニューヨーク時間が重なる21時~27時が、

FX(為替) 市場が一番活発な時間帯となります。

「FXで使用する主要通貨 」

主要通貨:米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)、イギリスポンド(GBP)
その他通貨:スイスフラン(CHF)、カナダドル(CAD)、オーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)


番外編:iMARKETSLIVEの配信ではゴールド(XAU)もあります。(基本XAUUSDと流れますが、スペイン語でOROと流れることもあります。)

以上、FXトレードの基本その1でした。

iML-japanサポートがLINE公式アカウントに問い合わせや、お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

Share this Post